MENU

歯周病の症状は?進行度によって変わる歯周病の症状を詳しく紹介!

 

成人日本人の約8割が罹っているといわれる歯周病

 

その症状も歯ぐきの炎症といった比較的軽いものから、歯が抜け落ちてしまうといった重度なものまで様々。

 

また、歯周病は年齢が高い人ほど掛かりやすいというイメージがありますが、最近では若い人の中にも歯周病に罹っている人が多く、注意が必要です。

 

 

このページでは歯周病の症状からその進行度を簡単にまとめてみましたので、もしかしたら自分は歯周病かもしれない…なんて不安になった人はぜひ一度チェックしてみて下さいね。

 

 

歯周病の症状を進行度によってまとめてみました!

 

軽度の歯周病
  • 歯ぐきが腫れているように感じる
  • 歯ぐきが赤い、または赤黒い

歯ぐきが炎症を起こしている場合に生じる症状で、歯周病としては比較的軽度な部類に入ります。

 

疲労やストレスを感じた時にこうした症状が起こる人もいらっしゃいますので注意が必要。

 

この段階であれば歯磨きをしっかり行うなど、自宅でのケアで十分対策が可能です。

 

 

中度の歯周病
  • 歯磨きの際に歯ぐきから血が出る
  • 口臭を指摘されたことがある
  • 歯ぐきが常にブヨブヨとしている

炎症を起こした歯ぐきの中に膿が溜まり、また歯ぐき自体も弱くなっているため少しの刺激で出血を起こすようになります。

 

またこの頃には細菌の出す毒素などが異臭を放ち、口臭となって表れます。

 

軽度の頃と比べると大変ですが、歯周病用の歯磨き粉などを使うことで改善することもあります。

 

 

重度の歯周病
  • 以前より歯が長く見えるようになった
  • 触ると歯がグラグラしている
  • 歯が抜け落ちてしまった

歯周病が進行すると歯ぐきはどんどんとやせ細り、歯を支えることができなくなります。
その結果歯が根元までむき出しになり、歯が伸びたように見えてきます。

 

最終的に歯を支えきれずグラつきはじめ、抜け落ちてしまいます。

 

この状態まで進行すると家庭内での対策はほぼ不可能です。歯科医に掛かって診てもらう必要があります。

 

 

如何でしたでしょうか?

 

多くの人が自分が歯周病かもしれないと疑い出すのは中度になってからだと言われています。

 

軽度、中度の人はまだ自宅での対策が十分に可能ですので早めの対策をお勧めします。