MENU

歯周病の原因をリサーチ!歯周病になりやすい人の特徴とは?

 

歯周病の原因とは一体なんなのでしょうか?

 

歯ぐきが赤く腫れ、触るとブヨブヨしている
歯磨き時に歯ぐきから血が出る
歯ぐきがやせ細ってしまった

 

など、様々な症状として現れる歯周病。

 

悪化すると歯が抜け落ちるだけでなく、全身性の疾患につながる危険性もあるため決して楽観視はできません。

 

 

歯周病の症状についてはこちらでも詳しく解説していますが、そもそも歯周病の原因とは一体なんなのでしょうか?

 

歯周病になりやすい人の特徴と合わせてまとめてみました。

 

 

歯周病の原因は細菌!発生のカギになるのは口内に残った食べかす

 

タイトルの通り、歯周病の原因となるのは細菌の繁殖と活動です。

 

 

私たち人間は生きていくため当然のように日々食事を取っていますよね。
虫歯防止のためなどに食後には歯を磨いていると思いますが、意外と食べかすが残ってしまう人が多いようです。

 

歯周病が発生するのは歯と歯ぐきの間にある、歯周ポケットと呼ばれる隙間。

 

この歯周ポケットに食べかすが残り、そこに細菌が繁殖し、活動することが歯周病の原因です。

 

 

さらにこの歯周病、活動中の細菌はバイオフィルムと呼ばれる膜の中で活動を行うのですが、このバイオフィルムの粘着度はとても強く、なかなか取り除くことができません。

 

市販されている歯磨き粉にも軽い殺菌・抗菌作用がある成分が配合されていることがありますが、そういったものでは除去しきれないことも。

 

活動を始めた歯周病の対策には、バイオフィルムの破壊も視野に入れている歯周病専用歯磨き粉の使用などが大切になります。

 

 

歯周病になりやすい人の特徴とは?

 

毎日歯磨きをしているのに歯周病になってしまった…なんて人もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

口内で細菌が繁殖しやすい人の特徴として以下のような人たちが挙げられるようです。

 

喫煙者

ビタミン不足、血流の悪化、ニコチンの沈着

 

ストレスを貯めている

身体・口内の抵抗力が弱まり、細菌の活動が活発化

 

歯並びが悪い

磨き残しが増えやすく、口内に食べかすが残りやすい

 

歯ぎしりをする

歯やそれを支える歯ぐきに負担がかかり、弱りやすくなる

 

 

もし上記に当てはまる人の中で歯周病に不安のある人は、一度自分の生活をチェックしなおしてみてもいいかもしれませんね。